HCM-Pro(ハイコンプロ)とガンプラのレビューやギャラリーなど。ガンダムコンバージやロボット魂、スーパーロボット超合金、リボルテック、その他ホビーも。

HCM-Pro 60-00 ダブルオーガンダム レビュー

【Oガンダムと…エクシアと…俺がいる!】

00gundam_hcmp_000.jpg



Celestial Being
GN-0000
00 GUNDAM

■SPEC
 全高:18.3m 本体重量:54.9t
■武装
 GNソードII、GNビームサーベル、GNシールド





機体解説

■ 00 GUNDAM
ダブルオーガンダムは、新たに作られたガンダムの一機であり、最大の特徴は2基の太陽炉を搭載するツインドライヴシステムにある。システムの基本設計は、トランザムシステムと同時にイオリアによって託されたものだ。 2基の太陽炉が同調することによって生み出されるGN粒子は2倍ではなく二乗される。ただし、太陽炉の同調は不安定であり、もっとも同調率の高かったガンダムエクシアと0(オー)ガンダムの太陽炉を使用してやっと起動できた状態だ。
バンダイホビーサイト HGダブルオーガンダム のページより引用


パイロット解説

■刹那・F・セイエイ
ソレスタルビーイングに所属するガンダムマイスターの一人だった少年。国連軍との最終決戦の後、破損したガンダムエクシアと共に姿を消していた。彼は、ソレスタルビーイングの戦いによって生み出された地球連邦がどのような存在になるのかを見定めるため、身を隠していたのだ。だが、地球連邦によって統一されても、まだ世界が歪んでいることを感じ取り、再びガンダムで戦う決心をする。
(パッケージ裏面より引用)





00gundam_hcmp_001.jpg

□ITEM SPEC
 本体全高:91・5mm
 アンテナ硬質樹脂パーツ付属
 各部広範囲可動機構搭載
 GNドライブ、フレシキブル可動
 GNソードII 変形機構再現
 GNシールド連結可能
 付属武器:
  GNソードII x2、
  GNビームサーベル x2種、
  GNシールド x2
 (一部、付属品は組立式キットです。)


2008年9月発売、定価2940円(税込み)


機動戦士ガンダムダブルオー(セカンドシーズン)の放送直前の発売でした。
武器類の付属品はダブルオーガンダムの初期装備をひととおり網羅。
塗装状態は、なかなか良好。
ボクの購入したものはある程度塗装汚れが付着していましたが
これは毎度恒例のこととデザインナイフなどで削って修正できたのでOK。
ハイコンプロオリジナルのラインパターンは
今回もアニメの放送と設定のイメージを重視して無し。


HCM-Proダブルオーガンダムの商品コンセプトはパッケージにも表記があるとおり
「フレキシブルヒューマノイドアクションモデル!!」
「プラモデルの技術を盛り込んだガンプラアクションモデル!!」とのこと。
これをさらにアピールするために
パッケージ裏面や取扱説明書に可動などの解説が載っています。

00gundam_hcmp_281.jpg
▲パッケージ裏面に各パーツの部品図が載っていたりもします。

00gundam_hcmp_282.jpg
▲説明書の1ページ以上に各部の可動について解説が載っています。





組立式パーツ
00gundam_hcmp_002.jpg

例のごとく少ないです。
ハイコンプロのTVCMですぐに遊べるHCM-Proと宣伝してるので
少なくて当たり前と言ったところでしょうか。
ビームサーベルや頭部アンテナのパーツがクリアパーツで再現されているんですが
クリアパーツの成型色がなぜか薄い水色。
いったいどんな理由があってこの色なんでしょうか?


00gundam_hcmp_003.jpg
本体以外の付属品を並べてみました。
シールドは連結用パーツを使用して2枚を1つに。また伸縮機構有り。
GNソードII は、ライフルモード・ソードモードの変形を再現。
GNビームサーベルはサーベルとダガーの2種が1つずつ付属。
ビーム刃が展開していない腰後ろに装備するものもきちんと付属。
ハンドパーツは本体に付いてる左右の平手の他に
握り手(武器保持用の穴あき)が左右と
表情の付いた左平手、
GNソードII の連結状態を再現するための右握り手が付属。
それから、頭部・胸部アンテナの硬質パーツが付属。





00gundam_hcmp_101.jpg

00gundam_hcmp_102.jpg

00gundam_hcmp_103.jpg

00gundam_hcmp_104.jpg

00gundam_hcmp_105.jpg

00gundam_hcmp_106.jpg

00gundam_hcmp_107.jpg




ダブルオーガンダム フル装備

00gundam_hcmp_111.jpg

00gundam_hcmp_112.jpg




各部可動・ディテール・ギミック

00gundam_hcmp_201.jpg
頭部・胸部のグラビカルアンテナ等のパーツは最初から付いてる軟質部品を使用。
形状的に硬質部品でなくても十分に思えます。
遊ぶなら軟質のモノがベストなんですが写真を撮ったり飾るなら
硬質のモノの方が良いのですが、ボクが買ったものはアンテナ部分の塗装状態が
硬質より軟質の方が良かったので軟質を選択しています。


00gundam_hcmp_202.jpg


00gundam_hcmp_203.jpg
ダブルオーガンダムは両肩にGNドライブがあるので
背中には普通にバックパック(バーニア)があるのですが
なぜかバーニアのデザインがGNバーニアのデザインでなく
通常のバーニアのデザインです。ちょっとデザインに疑問があるポイントですね。


00gundam_hcmp_204.jpg
頭部の塗装が非情にキレイです。
ダブルオーガンダムの頭部は非情に小さく、またカラーリングも少々複雑なため
塗装精度が気になるのですがパッケージ裏面の表記どおり精密塗装です!
カメラアイは、塗装で再現されており
メタリックカラーということもあり非情に良い感じになっています。
HCM-Proの目(特にツインアイのモノ)はやはり塗装がベストです!!


00gundam_hcmp_205.jpg
各部にあるレンズ部分は肘関節のモノ以外はクリアパーツを使用しているのでしょうか
肘関節のモノ以外は、テカっているので
クリアパーツを使用してるような印象があります。


00gundam_hcmp_211.jpg
首は2重関節。
基部がボールジョイント、頭部の根元がスイング可動。
襟元など特に可動に干渉するところがないので頭部可動は良好。


00gundam_hcmp_212.jpg
首の根元にも精密ディテールが。


00gundam_hcmp_221.jpg
ツインドライブの可動機構(1)
バックパックに接続されているアームは上下にスイングします。
GNドライブが接続されているアーマー?の基部は跳ね上げることが可能。
また、そのアーマーの基部は回転軸がありGNドライブを前後に向けることが可能。

00gundam_hcmp_222.jpg
ツインドライブの可動機構(2)
GNドライブの両方を後ろ、前に向けてみました。
後ろ方向は問題なく移動できますが
前方向はGNドライブが少し上方向に向いてしまいます。
真正面にはどうしても向いてくれません。ちょっと残念です。
GNドライブのコーン部分は回転が可能。(取り外すことも可能)


00gundam_hcmp_231.jpg
肩関節の可動
肩関節は引出し機構を搭載。また、エクシアと同じように胸部装甲が
腕の可動に合わせて少し動くようになっています。
確か、ダブルオーガンダムの胸部装甲は
設定ではエクシアのように割れなかったと思いますが…。HCM-Proオリジナル?
それから、その割れた胸部装甲の奥には精密ディテールが。


00gundam_hcmp_232.jpg
腕の可動
腕はかなり上がります。
肩アーマーに若干の跳ね上げ可動があるのでそれとあわせてとても良好な可動。


00gundam_hcmp_233.jpg
肘関節の可動
1軸の可動なんですが、軸を少し引出すことが可能で
通常の1軸可動より大きく可動することができます。

00gundam_hcmp_235.jpg
肘関節は、特徴的な円形になっています。
これのおかげ?で前腕が後ろ方向にも可動したりします。


00gundam_hcmp_234.jpg
手首の可動
ダブルオーガンダムの前腕は非情に細く
1/200スケールではハンドパーツにボールジョイントを仕組むことが難しく
この部分の可動を補うため?に前腕部分の先端にスイング機構があります。


00gundam_hcmp_241.jpg
腰関節の可動
HCM-Proデスサイズと同じように腹部が前後に可動します。
もちろん腰の根元はボールジョイントによる接続で左右に回転も可能。

00gundam_hcmp_242.jpg
分解すると接続部の状態がよくわかります。


00gundam_hcmp_251.jpg
股間関節の可動
いつもどおりの可動機構のように思えますが
腿(脚)を引出すことが可能。
また脚の股間付け根部分は回転が可能。


00gundam_hcmp_252.jpg
脚部の可動&腰フロントアーマーの可動
エクシアと同じように特徴的な2重関節になっています。
非情によく曲がります。
腰のフロントアーマーも可動するようになっています。


00gundam_hcmp_253.jpg
足首の可動&足裏のディテール
足首は特徴的なドラム状のデザインのため
可動に関してもそのデザインを活かした可動機構で非情に可動範囲が大きいです。
また足首はボールジョイントによる接続でさらに可動範囲拡大。


00gundam_hcmp_254.jpg
ヒューマノイドアクションというだけあって
全体的に非情に良く動くアイテムとなっていますが
股関節の可動が若干いまいちのため脚を横方向に開脚するのは苦手で
ダブルオーガンダムの他の商品(HGなど)より可動量が少なくなっています。


00gundam_hcmp_255.jpg
足は、つま先とかかとの間に可動軸があり接地性が良くなっています。


00gundam_hcmp_261.jpg
腰リアアーマーの可動
腰のリアアーマーもフロントアーマーと同じように可動します。


00gundam_hcmp_262.jpg
ビームサーベルの可動機構も再現しています。もちろん取り外しも可能。


00gundam_hcmp_271.jpg
シールドは専用のジョイントパーツを使用して連結が可能。

00gundam_hcmp_272.jpg
また、先端の白い部分は伸縮が可能。(裏面は全てグレーですが。)


00gundam_hcmp_273.jpg
GNソードII はライフルモード・ソードモードの変形を再現。
また腰のサイドアーマーに装備することもできます。


00gundam_hcmp_274.jpg
GNソードII は連結用のハンドパーツを使用してランサーモードに。
シールドはそれぞれGNドライブがあるアーマーに接続が可能。




Action!!


▼ ダブルオー、目標を駆逐する!
00gundam_hcmp_301.jpg



▼ GNソードII ライフルモード!
00gundam_hcmp_302.jpg

00gundam_hcmp_303.jpg



▼ GNシールド!
00gundam_hcmp_304.jpg
シールド2枚を連結した、通常のシールド状態。
シールドで打突攻撃ができる設定になっていますが
エクシア同様、そういうシーンはありませんでしたね。



▼ GNソードII ソードモード!
00gundam_hcmp_305.jpg

00gundam_hcmp_306.jpg



▼ GNシールドを両肩に装備!
00gundam_hcmp_307.jpg

00gundam_hcmp_308.jpg



▼ GNソードII(ライフルモード)を左右に装備、攻撃!
00gundam_hcmp_309.jpg

00gundam_hcmp_310.jpg



▼ GNソードII(ソードモード)に切り替えて、攻撃!
00gundam_hcmp_311.jpg

00gundam_hcmp_312.jpg



▼ GNビームサーベルを抜刀!
00gundam_hcmp_313.jpg



▼ GNビームサーベル!
00gundam_hcmp_314.jpg



▼ GNビームサーベル&GNビームダガー!
00gundam_hcmp_315.jpg
ダブルオーガンダムのGNビームサーベルは
ビームダガーとビームサーベルを切り替えて使用することができるようです。


▼ GNフィールド!
00gundam_hcmp_316.jpg
GNドライブが回転して粒子を噴出してGNフィールドを形成!
って、そんなCG加工はすることができません。(涙)


▼ GNソードII ランサーモード!
00gundam_hcmp_317.jpg

00gundam_hcmp_318.jpg

00gundam_hcmp_319.jpg


▼ ヒューマノイドアクション!
00gundam_hcmp_320.jpg
説明書のアクションポーズ解説のところに載っていた
ポージングをマネてみましたが・・・
これがなかなか難しい。特に自立するようにするのが難しかった。






00gundam_hcmp_321.jpg

以上、HCM-Pro 60-00 ダブルオーガンダムのレビューでした。




関連レビュー
GUN P > HCM-Pro 65-00 オーライザー レビュー

ハイコンプロ・ガンプラなど、他のレビューの一覧はこちら。
GUN P > HCM-Pro(ハイコンプロ),ガンプラなど レビューリスト



アマゾン > HCM-Pro60-00 ダブルオーガンダム




■コメント & more

■参加ランキング
FC2ランキング 人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
各バナーをクリックで応援していただけると非常にうれしいです。




■ [berber]

レビューお疲れ様でした。いつもながらka2さんのレビューは濃密で見応えがあります。

バーニアのデザインは初めて気付きましたww持ってて今まで気付かなかったとは不覚です。

ダブルオーライザー編も待ってます!

追伸:その後ヨドコムから何か報告は入りましたか?

■Re: [ka2-yuki]

>berberさん
ありがとうございます。
今回のダブルオーガンダムは特に可動機構が多く
レビューのボリュームも大きくなっちゃいました。(^^;
もちろんオーライザーもしますよ~。
例のごとく気長お待ちいただきたいです。w

スパコンエクシアDX、昨日ようやく届きましたよ!
いろいろ気を使っていただいてありがとうございました。
■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

※ URLを記載すると、名前にそのURLのリンクが付きます。
※ 名前を無記入にすると、名前が「トクメイキボウ」となります。
※ コメントのレスは遅くなることが多いと思います。


プレミアムバンダイ  プレミアム バンダイ(魂WEB)  プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)



ハピネット・オンライン



アニメイトオンラインショップ

バンダイチャンネル

クリックで救える命がある。

WELCOME!


POWER-GAIN

フォントサイズの変更

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ブログ内検索

最近のレビュー&ギャラリー


side_i_000_GC_SP04.jpg

side-i_000_GC_GundamACE_2013-08.jpg

side-i_000_GC_11.jpg

side-i_000_GC_10.jpg

side-i_000_GC_sp003.jpg

side-i_000_GC_9.jpg

side-i_000_fa_baselard.jpg







side-i_001_MG_DUEL.jpg

side-i_000_MSG_D-chain_saw.jpg

side-i_000_HAC_t_and_b_1.jpg

side-i_000_MSG_Inpact-Nuckle.jpg

side-i_000_hac_madomagi.jpg









side-i_001_f2-m2.jpg

side-i_000_HG_SEED_custom-kit.jpg

































side-i_000_dataweapon-set.jpg

side-i_000_gc_03.jpg

side-i_000_gc_02.jpg

side-i_00_gc_01.jpg

side-i_00_suenaga_mirai_figma088.jpg

side-i_00_rg_aile-strike.jpg

side-i_00s_rg_aile-strike.jpg

side-i_00_gc-d1_char-zaku.jpg


アクセスランキング

リンク [03]

24時間以内の更新には
[NEW] マークが表示されます。
(更新チェック対応サイトのみ) 

リンク [01]

まだだ! まだ終わらんよ!!

HCM-Pro Book (AA)


機動戦士ガンダム HCM Proクロニクル
2004.4-2008.9
HCM Proガンダムシリーズカタログ


ハイコンプロのカタログ本です。最初期のガンダムからこの本が発売されたときはまだ発売されていないセラヴィーガンダムまで掲載されています。パッケージアートや改造例なども掲載されておりHCM-Pro好きならかなりオススメの1冊。ボクも持っています。それから、巻末には特性デカールも付属します。

ガンプラ入門 Book (AA)

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書
オオゴシトモエ/大泉書店
2010年12月発売

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門
野本憲一/ホビージャパン
2009年10月発売

ガンプラはじめの一歩
川口名人/Side-B・N
2006年10月発売

ゼロから始めるガンプラ
電撃ホビーマガジン
2006年6月発売

Ranking & more


FC2ブログランキング
FC2ランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキング

BlogPeople

「 List Me! 」 by BlogPeople

Trackback People



日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログコミュニティ
「HCM-Pro FAN CLUB」
HCM-Pro FAN CLUB

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ情報

ブログ名:GUN P
管理者:ka2-yuki(Twitter

since 2007 03 20


総記事数:


最新記事のRSS



busy_banner.jpg
時間がねぇ、金もねぇ、誰か助へて。



>>> Blog TOP <<<