HCM-Pro(ハイコンプロ)とガンプラのレビューやギャラリーなど。ガンダムコンバージやロボット魂、スーパーロボット超合金、リボルテック、その他ホビーも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HCM-Pro 01-04 ガンダム(アニメーションカラーバージョン) レビュー

【ガンダム30周年記念!】

HCM-Pro 01-04 ガンダム(アニメーションカラーバージョン)
ガンダム30周年記念モデル のレビューです。



RX-78-2 GUNDAM
E.F.S.F.
PROTOTYPE CLESE COMBAT MOBILE SUIT

■ SPEC
  No Data ...



gundam_hcmp_01-04_001.jpg

■ ITEM SPEC
  No Data ...

■ Release & Price
 2009年6月発売 2200円(税別)



gundam_hcmp_01-04_002.jpg

HCM-Proのニューアイテムが2009年3月にオーライザーが発売になってから
約3ヶ月後ようやくニューアイテムのリリースがありました。
それがこの「01-04 ガンダム(アニメーションカラーバージョン)」です。
3ヶ月も待ちに待ったようやくのニューアイテムが
新規金型による新製品でもなく量産機や専用機などのカラーバリエーションでもなく
今までさんざんカラーバリエーションが発売されている
ガンダムのカラーバリエーションです。
しかも、ロールアウトカラーやリアルタイプカラーなどの
別のカラー設定でのニューアイテムではなく
通常のトリコロールカラーとホワイトの色味を変えたアイテムがリリースされました。

ガンダム放映30周年、ガンダム生誕30周年など意味をもつだろう
ガンダム30周年記念の商品として
初代ガンダムのMSの中から選ばれたのがやはりガンダムだということは
納得できるのですが、、、なぜ3ヶ月の空白をあけて発売されるものが
単なるカラーバリエーションなのか?非情に納得しづらいものがあります。

ガンダムのTV版のDVD-BOXがリリースされたとき(2007年12月)に
初回特典として、アニメーションカラー版のHCM-Proが限定版と付属しました。
DVD-BOXは非情に高額でHCM-Proを目当て購入するにはかなり無茶でした。
しかも初回特典という限定つき。
これが欲しくても買えなかった人にとっては
ある意味、待望のアニメーションカラー版のHCM-Proのガンダムになると思います。
しかし、それが発売されてからかなり時間も経過したことや
ニューマーキングバージョンがかなり出来の良いアイテムであることもあったりで
これの商品を発売をずっと待ちこがれていた人は
いったいどれくらいいることでしょうか?

そんな感じで発売する側から見れば、ある意味妥当な商品。
購入する側から見れば、そんなに価値が無いように思える商品。
それがこのガンダム30周年モデルだと思います。


そんな01-04ガンダムですが良い点もあるんです!
まず、商品名どおり、アニメーション設定に近い色味でのカラー設定。
そして、新しい試みとして、ガンダムの目が塗装になっています。
しかも、下地をシルバーに上からクリアーイエローをタンポ印刷して
目を従来より非情にはっきりと見えるように表現しています。
それから、ハイパーバズーカもアニメの設定どおり
砲身の一部が白色に塗装されています。
これまで発売されているガンダムのハイパーバズーカは
どれもすべてリアル指向のグレー1色となっていました。
これでようやく自分で塗装をしなくてもアニメの設定どおりの
ハイパーバズーカが手に入れることができます。

この他、この01-04の特徴として
シンプルな新デザインマーキングが施されているってのがあるんですが
個人的にはこれ好きでは無いです。
今まで発売されたガンダムに似たようなデザイン(カラー)のマーキングがないことや
数もシールドを含めて3カ所と非情になんか中途半端。
いっそのことなくっても良かったのではと思えるくらいです。



gundam_hcmp_01-04_003.jpg
▲ 箱の後面

限定版のように非情にシンプル。
というか、これ限定版とはいっさい表記されていないのです。
30周年記念モデルと表示されているだけ。
一応通常ラインナップで再販の可能性もあるのか?非情に謎な規格です。



gundam_hcmp_01-04_004.jpg
▲ 箱の底面

パッケージは、白色を基調として
金色や赤色を使用して非情に豪華さやおめでたい感じをアピールしています。
また、箱の材質も通常のモノと違うものになっています。



gundam_hcmp_01-04_005.jpg
▲ ブリスター

ブリスター(中箱)の上蓋にガンダム30周年記念のロゴが印刷されています。
この部分はパッケージ(外箱)からも見えるところにあるので、外からも見えます。



gundam_hcmp_01-04_006.jpg
▲ 取扱説明書

取扱説明書も限定版と同じような仕様になっていますが
ガンダム30周年記念のロゴが表面にあります。
それから、説明書の色は、「金色」です!無駄に豪華さとかアピール。

機体解説などはありませんが、その他はいつものと同じような感じです。



gundam_hcmp_01-04_007.jpg
▲ 組立式部品

やっぱり、旧アイテムの色変え商品のため武器類等が組立式です。
頭部のブレードアンテナは、
デフォで付いている軟質のモノ以外に硬質のモノが付属します。





gundam_hcmp_01-04_101.jpg


gundam_hcmp_01-04_102.jpg


gundam_hcmp_01-04_103.jpg


gundam_hcmp_01-04_104.jpg


gundam_hcmp_01-04_105.jpg


gundam_hcmp_01-04_106.jpg


gundam_hcmp_01-04_107.jpg


gundam_hcmp_01-04_108.jpg




ビームライフル、シールドを装備

gundam_hcmp_01-04_201.jpg


gundam_hcmp_01-04_202.jpg




ハイパーバズーカ、シールドを装備

gundam_hcmp_01-04_203.jpg


gundam_hcmp_01-04_204.jpg




各部ディテール、可動、ギミック

新マーキングは全部で3カ所。

▼ 左肩に
gundam_hcmp_01-04_301.jpg

▼ 右膝に
gundam_hcmp_01-04_302.jpg

左肩、右膝、どちらのマーキングもとにかくすっごく目立ちます。
しかもなんか色を含めてデザインがいまいちと思うのですが・・・。


▼ シールドに
gundam_hcmp_01-04_303.jpg

シールドにも新デザインのマーキングがつくのですが
この色が金色なんです・・・。
やっぱりおめでたいから金色なんですか?なんかすっごく違和感。
デザイン的にはまだ問題がないと思うのですが
このセンスが・・・もうほんとにあきれてしまします。

アニメーションカラーにこだわったそれに似合うようなマーキングをするか
(マーキング無しでも良い)
記念モデルとして、そこをアピールして全体的に
もっと「GUNDAM 30th ANNIVESARY」みたいなロゴを入れるか
どっちかはっきりした仕様にした方が良いと思います。

シールドのところだけ金色のロゴって・・・ほんと何故に?と思います。


左肩や右膝のマーキングは塗装をしていない表面にマーキングをしているので
マーキングだけを消そうと思えば出来るってのはまだうれしいところ。
問題はシールド。赤色の塗装の上に金色のマーキングが・・・。
ヘタに金色のマーキングを消そうとしたら下の赤い塗装もはがしそう・・・。



▼ 胸部アップ
gundam_hcmp_01-04_401.jpg
カメラアイが塗装になっているので非情にキレイに見えます。
いままではクリアパーツを活かした塗装だったので
光が入らないと目が死んでました。
このアイテムはカメラアイが塗装になったので非情に良いです。


gundam_hcmp_01-04_402.jpg



▼ 後ろ上方よりアップ
gundam_hcmp_01-04_403.jpg



▼ 胸部外装脱着可能
gundam_hcmp_01-04_404.jpg

胸部外装が取り外し可能です。
コアファイターのコックピット部分の塗装はいつもより濃いめです。


バックパック外装もいつもどおり脱着可能なんですが写真を撮り忘れました。
内部ディテールはいつもどおりです。塗装もいつもどおりでした。



▼ 足裏
gundam_hcmp_01-04_405.jpg

足裏のディテール、バーニア周りの塗装もいつもどおりです。



▼ 後ろ上方から見下ろしました。
gundam_hcmp_01-04_501.jpg



▼ 正面下方から見上げました。
gundam_hcmp_01-04_502.jpg



▼ 付属品一覧です。
gundam_hcmp_01-04_503.jpg



可動・ギミックについては、01-00と同じなので
そちらのレビューを参照してください。 >>> 01-00 レビュー




Action!!

▼ 出撃!
gundam_hcmp_01-04_601.jpg



▼ ビームライフル!
gundam_hcmp_01-04_602.jpg


gundam_hcmp_01-04_603.jpg
振り向きで後方の敵を攻撃。


gundam_hcmp_01-04_604.jpg
両手持ちで。


gundam_hcmp_01-04_605.jpg
サーベルを引き抜くポーズを。
穴の開いた握り手を使用すると
バックパックのビームサーベルに少しだけ手が届きます。


▼ ビームサーベル!
gundam_hcmp_01-04_606.jpg



▼ ハイパーバズーカ!
gundam_hcmp_01-04_611.jpg
砲身の一部が白色です!


gundam_hcmp_01-04_612.jpg
両手で持っているように。


gundam_hcmp_01-04_613.jpg
ハイパーバズーカを脇に抱えて。


gundam_hcmp_01-04_614.jpg
シールドを正面に構えて攻撃。


gundam_hcmp_01-04_615.jpg
シールドをバックパックに移して、ビームサーベルを。


▼ ビームサーベル!
gundam_hcmp_01-04_621.jpg
改めて、ビームサーベル単体で。(シールド含む)


gundam_hcmp_01-04_622.jpg


gundam_hcmp_01-04_623.jpg


gundam_hcmp_01-04_624.jpg
二刀流で。






gundam_hcmp_01-04_700.jpg

ラストシューティング!

以上、HCM-Pro 01-04 ガンダム(アニメーションカラーバージョン)でした。


とにかく、目に力があるので
01-01ニューマーキングバージョンの顔すげ替え用として購入か、
(01-01と01-04の白の色味の違いは、ほんの少しです。目立ちません。)
マーキングを消して純粋にアニメーションカラーとするか、
記念として購入するか、
このアイテムが気に入って購入するか、
そんな感じでの購入になると思いますが悪いアイテムではありません。
(ネットでは売れない?からか発売しているところが少数です。)

ただやはり、3ヶ月ぶりのHCM-Proニューアイテム。
新規金型の新商品が欲しかった。同時発売としてこれなら問題無しだったが。
それにしても、この後のラインナップも現在のところ未発表。
う~ん、今後のHCM-Proはどうなっていくのだろうか?

Super HCM-Proは、8月にリアルタイプカラーのガンダムがリリースで
その後ユニコーンガンダムも発売予定が発表されているのですがね・・・。

そうそう、今回の記念モデル、リアルタイプカラーで良かったと思うんですがね。
スパコンプロといっしょでもいいじゃないですか。

まあ、今回リアルタイプカラーがでなくっても
今度何かの記念でそれがでるんでしょうね・・・。
もういい加減、カラバリでなくMGみたいにver.2.0を出してくれても良いんだが。
というか、ジムはいったいいつ発売するんだ?
もういつでも発売できる準備ができてるとか言ってませんでしたっけ?!!!






関連レビュー
GUN P > HCM-Pro 01-00 ガンダム レビュー
GUN P > HCM-Pro 01-01 ガンダム ニューマーキングバージョン レビュー
GUN P > HCM-Pro 01-02 ガンダム ロールアウトカラーバージョン レビュー
GUN P > HCM-Pro 01-03 ガンダム - ジャブロー防衛線 - レビュー
GUN P > HCM-Pro 01-LV ガンダム Limited Version レビュー


ハイコンプロ・ガンプラなど、他のレビューの一覧はこちら。
GUN P > HCM-Pro(ハイコンプロ),ガンプラなど レビューリスト






アマゾン > HCM Pro RX-78-2 ガンダムアニメカラー


■コメント & more

■参加ランキング
FC2ランキング 人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
各バナーをクリックで応援していただけると非常にうれしいです。




■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

※ URLを記載すると、名前にそのURLのリンクが付きます。
※ 名前を無記入にすると、名前が「トクメイキボウ」となります。
※ コメントのレスは遅くなることが多いと思います。


プレミアムバンダイ  プレミアム バンダイ(魂WEB)  プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)



ハピネット・オンライン



アニメイトオンラインショップ

バンダイチャンネル

クリックで救える命がある。

WELCOME!


POWER-GAIN

フォントサイズの変更

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ブログ内検索

最近のレビュー&ギャラリー


side_i_000_GC_SP04.jpg

side-i_000_GC_GundamACE_2013-08.jpg

side-i_000_GC_11.jpg

side-i_000_GC_10.jpg

side-i_000_GC_sp003.jpg

side-i_000_GC_9.jpg

side-i_000_fa_baselard.jpg







side-i_001_MG_DUEL.jpg

side-i_000_MSG_D-chain_saw.jpg

side-i_000_HAC_t_and_b_1.jpg

side-i_000_MSG_Inpact-Nuckle.jpg

side-i_000_hac_madomagi.jpg









side-i_001_f2-m2.jpg

side-i_000_HG_SEED_custom-kit.jpg

































side-i_000_dataweapon-set.jpg

side-i_000_gc_03.jpg

side-i_000_gc_02.jpg

side-i_00_gc_01.jpg

side-i_00_suenaga_mirai_figma088.jpg

side-i_00_rg_aile-strike.jpg

side-i_00s_rg_aile-strike.jpg

side-i_00_gc-d1_char-zaku.jpg


アクセスランキング

リンク [03]

24時間以内の更新には
[NEW] マークが表示されます。
(更新チェック対応サイトのみ) 

リンク [01]

まだだ! まだ終わらんよ!!

HCM-Pro Book (AA)


機動戦士ガンダム HCM Proクロニクル
2004.4-2008.9
HCM Proガンダムシリーズカタログ


ハイコンプロのカタログ本です。最初期のガンダムからこの本が発売されたときはまだ発売されていないセラヴィーガンダムまで掲載されています。パッケージアートや改造例なども掲載されておりHCM-Pro好きならかなりオススメの1冊。ボクも持っています。それから、巻末には特性デカールも付属します。

ガンプラ入門 Book (AA)

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書
オオゴシトモエ/大泉書店
2010年12月発売

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門
野本憲一/ホビージャパン
2009年10月発売

ガンプラはじめの一歩
川口名人/Side-B・N
2006年10月発売

ゼロから始めるガンプラ
電撃ホビーマガジン
2006年6月発売

Ranking & more


FC2ブログランキング
FC2ランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキング

BlogPeople

「 List Me! 」 by BlogPeople

Trackback People



日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログコミュニティ
「HCM-Pro FAN CLUB」
HCM-Pro FAN CLUB

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ情報

ブログ名:GUN P
管理者:ka2-yuki(Twitter

since 2007 03 20


総記事数:


最新記事のRSS



busy_banner.jpg
時間がねぇ、金もねぇ、誰か助へて。



>>> Blog TOP <<<

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。