HCM-Pro(ハイコンプロ)とガンプラのレビューやギャラリーなど。ガンダムコンバージやロボット魂、スーパーロボット超合金、リボルテック、その他ホビーも。

SUPER HCM Pro GUNDAM REAL TYPE COLOR レビュー?その4

スーパーハイコンプロ ガンダム リアルタイプカラー 小出しレビュー第4回です。

4回目となる今回は、通常版との比較です。

大雑把に違いを言うと、色とマーキング。
しかし、これが思っている以上に違うんです。w
通常版を出してきて、並べてはじめてわかりました。

マーキングは、かなり違うのはわかっていました。
色が全く違うことは、わかりきったことでした。
しかし、塗装の仕方と言うものかどうかわかりませんがそれが大きく違います。
通常版は、成型色をいかしたパールコーティング+塗装。
リペイント版であるリアルタイプカラーは、成型色をいかしてるところもありますが
塗装箇所が非情に多く質感が、がらっと変わってきます。
特に手足の白い部分(少し緑がかっているグレーとも言える白)が
全塗装(つや消し)になるのでかなり印象が変わるんですね。びっくりしました。



正面
RIMG0175_real_type_gundam_shcmp.jpg


側面
RIMG0177_real_type_gundam_shcmp.jpg


背面
RIMG0179_real_type_gundam_shcmp.jpg


写真、とくにこの小さなサイズでは質感の違いは非情にわかりづらいです。
やはり実物を手に取って見てもらうのが一番かと・・・。

480×360サイズの写真ではマーキングの差異も非情にわかりづらいですね。
大きいサイズの比較写真も用意しました。
[ 1280×960 正面 ] [ 960×1280 側面 ] [ 1280×960 背面 ]
上記リンクをクリックしてください。

大きい画像でも、質感はいまいち伝わらないと思います・・・。
で、補足。
機体胸部~肩の黒い部分は通常版と同じような感じの色違い。
パール調?(黒ではメタリック調というべきか?)で
ラメが入ってるような感じになっています。
腕や脚などの深緑の部分は、プラスチックの成型色をいかした感じ。
腕や脚の白い部分(少し緑がかっているグレーとも言える白)は
前述したとおり、全塗装(つや消し)になっています。
頭部、ビームサーベルの鮮やかな白も全塗装でつや消しです。
その他、腰の赤、ダクトの赤、足の赤、
襟もとの黄色、腰外装の黄色の塗装で再現されています。
(腰と足の赤色ですが、成型色にコーティングをしているだけにも思えるんですが
ボクが購入した物は腰の部分の塗装がぐちゃぐちゃになっていて
なんとなくコーティングだけでないようにも思えるんですよね。
ちょっと謎。まあ、ふだんプラモで塗装しないから余計にわからないだけかも。)
それから、手や関節等のグレー部分はメタリック色のグレーで塗装されています。
この手や関節部がメタリック塗装ということでも通常版とがらっと感じが違います。
バックパックも赤茶色系のメタリック塗装となっています。
そのバックパックにあるバーニアは通常版と同じく
ダイキャスト製ですが色は変更されています。
通常盤は、黒いツヤのある塗装がされていますが
リアルタイプカラーは、クロームシルバーで
いかにもダイキャストというな感じになっています。
通常版の黒ならまだ引き締まって見えたのですが
リアルタイプカラーの銀色はちょっとやぼったい感じになってるのが残念です。





ハッチオープン正面
RIMG0181_real_type_gundam_shcmp.jpg



ハッチオープン側面
RIMG0183_real_type_gundam_shcmp.jpg




ハッチオープン背面
RIMG0185_real_type_gundam_shcmp.jpg





オープン状態を各部アップで。

RIMG0189_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0194_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0195_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0200_real_type_gundam_shcmp.jpg


ハッチオープンした内部の塗装は基本的に同じような感じですが
通常版は成型色といかしたもと、それと同じ色味の塗装がされていますが
リアルタイプカラーは、手や関節と同じようにメタリック塗装がされています。
豪華です!





コアファイター / コアブロック

まずは、コアブロック。
RIMG0210_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0215_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0217_real_type_gundam_shcmp.jpg


コアブロック、う~ん・・・特筆すべき差異は無いような。
可動用のコアブロックの比較写真は割愛させていただきます。



そして、コアファイター。

RIMG0223_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0227_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0230_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0235_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0238_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0241_real_type_gundam_shcmp.jpg


コアファイターもとくに特筆すべき差異がないと思います。
マーキング等も全く同じ物が同じ場所にあります。





ディスプレイスタンド&各種武器類

RIMG0246_real_type_gundam_shcmp.jpg



RIMG0250_real_type_gundam_shcmp.jpg


RIMG0254_real_type_gundam_shcmp.jpg


ディスプレイスタンドの成型色も変更されています。
通常版が普通のグレーに対して
リアルタイプカラーは、赤茶色系になっています。

リアルタイプカラーのベースの色は、
ガンダム本体のバックパックの色と武器類の色と同じ色になっています。


このベース・武器類も基本的には配色設定やマーキングは同じパターンです。
しかし、1つだけ目立って違うところがあります。
ハイパーバズーカの砲身の色です。
通常版はよくあるアニメ設定でないオールグレー。
しかし、リアルタイプカラーは、砲身が白色なんです!
リアルタイプカラーの武器の設定画を見たこと無いので
この砲身の色が白であってるかどうかはわからないのですが
ちょっとびっくりです。
バズーカの砲身だけ
アニメカラーの通常版がリアルタイプのグレー一色で
リアルタイプカラーのリペイント版がアニメ設定の白い砲身。
普通逆じゃない?と思うのはボクだけでしょうか。w
いや、リアルタイプカラーの白い砲身のバズーカは気に入ってますけど。w

それから、もうひとつ。どうでもいいような部品だけど
腰後ろにビームライフルを装備する時のジョイントパーツが
通常版はグレーに対して、リアルタイプカラーは赤茶色です。
ベース後ろにあるハイパーバズーカ等懸架用のジョイントパーツが
リアルタイプカラーもグレーなのに、
そのビームライフルの接続用部品だけ赤茶色。なんか目立ちます。
でも、ビームライフルを装備したら結局見えないから関係ないんですがね。

武器類・ベースのマーキングは同じものが同じ場所にされています。

写真には撮っていませんが、ビームサーベルの刃のピンク色。
これの差異はありませんでした。
ジャベリンの刃の部分はなんとなく違うように感じるんですがね。



以上、通常版とリアルタイプカラーとの比較でした。
比較して思ったんですが
リアルタイプカラー、何気にすっごい豪華かも!
さすがガンダム30th記念アイテム!(普通のHCM-Proは・・・)
あ、値段も1000円くらい高かったんですね・・・。
(リアルタイプカラー:8190円  通常版:7140円)


可動ギミックは、通常版と同じなのでそちらを参照してください。
SUPER HCM-Pro RX78-2 GUNDAM レビュー VOL.01


それから、今回は小出しレビュー第4回目になるので
他の回を見ていない方は是非他の回も見てみてください。
第1回 箱~非武装素立ち(コアファイター少し含む)
第2回 武器類等付属品
第3回 ハッチオープンギミック



つづく。 次はいよいよラストの予定。武器とかアクションポーズとか。

■コメント & more

■参加ランキング
FC2ランキング 人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
各バナーをクリックで応援していただけると非常にうれしいです。




■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

※ URLを記載すると、名前にそのURLのリンクが付きます。
※ 名前を無記入にすると、名前が「トクメイキボウ」となります。
※ コメントのレスは遅くなることが多いと思います。


プレミアムバンダイ  プレミアム バンダイ(魂WEB)  プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)



ハピネット・オンライン



アニメイトオンラインショップ

バンダイチャンネル

クリックで救える命がある。

WELCOME!


POWER-GAIN

フォントサイズの変更

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ブログ内検索

最近のレビュー&ギャラリー


side_i_000_GC_SP04.jpg

side-i_000_GC_GundamACE_2013-08.jpg

side-i_000_GC_11.jpg

side-i_000_GC_10.jpg

side-i_000_GC_sp003.jpg

side-i_000_GC_9.jpg

side-i_000_fa_baselard.jpg







side-i_001_MG_DUEL.jpg

side-i_000_MSG_D-chain_saw.jpg

side-i_000_HAC_t_and_b_1.jpg

side-i_000_MSG_Inpact-Nuckle.jpg

side-i_000_hac_madomagi.jpg









side-i_001_f2-m2.jpg

side-i_000_HG_SEED_custom-kit.jpg

































side-i_000_dataweapon-set.jpg

side-i_000_gc_03.jpg

side-i_000_gc_02.jpg

side-i_00_gc_01.jpg

side-i_00_suenaga_mirai_figma088.jpg

side-i_00_rg_aile-strike.jpg

side-i_00s_rg_aile-strike.jpg

side-i_00_gc-d1_char-zaku.jpg


アクセスランキング

リンク [03]

24時間以内の更新には
[NEW] マークが表示されます。
(更新チェック対応サイトのみ) 

リンク [01]

まだだ! まだ終わらんよ!!

HCM-Pro Book (AA)


機動戦士ガンダム HCM Proクロニクル
2004.4-2008.9
HCM Proガンダムシリーズカタログ


ハイコンプロのカタログ本です。最初期のガンダムからこの本が発売されたときはまだ発売されていないセラヴィーガンダムまで掲載されています。パッケージアートや改造例なども掲載されておりHCM-Pro好きならかなりオススメの1冊。ボクも持っています。それから、巻末には特性デカールも付属します。

ガンプラ入門 Book (AA)

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書
オオゴシトモエ/大泉書店
2010年12月発売

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門
野本憲一/ホビージャパン
2009年10月発売

ガンプラはじめの一歩
川口名人/Side-B・N
2006年10月発売

ゼロから始めるガンプラ
電撃ホビーマガジン
2006年6月発売

Ranking & more


FC2ブログランキング
FC2ランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキング

BlogPeople

「 List Me! 」 by BlogPeople

Trackback People



日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログコミュニティ
「HCM-Pro FAN CLUB」
HCM-Pro FAN CLUB

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ情報

ブログ名:GUN P
管理者:ka2-yuki(Twitter

since 2007 03 20


総記事数:


最新記事のRSS



busy_banner.jpg
時間がねぇ、金もねぇ、誰か助へて。



>>> Blog TOP <<<