HCM-Pro(ハイコンプロ)とガンプラのレビューやギャラリーなど。ガンダムコンバージやロボット魂、スーパーロボット超合金、リボルテック、その他ホビーも。

PG ダブルオーライザー 作成07



作成記7回目。
今回は、腕部の作成です。
前回の記事でも書きましたが、頭部の塗装をミスったので
説明書の順番どおりにいくと頭部の組み立てになるのですが
それをとばして腕部の作成になりました。


今回作ったものです。

RIMG0399_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
腕部、肩アーマー


そして、GNコンデンサー。
RIMG0401_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
これは、肘の部分に使うコンデンサーです。

RIMG0402_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
それから手首・肩に使うコンデンサーです。

コンデンサーはこれで完全に完成というわけでなく
まだフタのような部品がつくのですが、後に付けることにしました。



腕部を別角度で。
RIMG0400_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg

この腕部に各コンデンサーを装着して完成というわけでなく
さらにコンデンサーまわりにいくつかカバーを付けることになるのですが
この円形の穴状態がおもしろいのでとりあえずこの状態でストップさせてみました。
頭部ができたらとりあえずこの状態で組み上げてみたいと思ってます。


説明書の写真です。
RIMG0403_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
これを見てもらったらわかるように、コンデンサーをはめる前や後に
さらにカバーを付けることになります。



腕部の可動

RIMG0404_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
肩の接続軸部分は約90度まで回転します。(フレーム状態で)


RIMG0405_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
肘の曲がりは、約90度。意外とそれなりしか曲がりませんね。
それより、逆側にも曲がるのがびっくりです。外装を付けても曲がるのでしょうか。

肘は引き出し式になっていて90度以上曲がるそうです。
コメントで指摘していただきました。ありがとうございます。
ボクはまだ確認してないのですが、もう少し組み上がったら確認したいと思います。


RIMG0406_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
手首も曲がるのですが、あまり曲がりません。
写真でみても、ほとんどわからないくらいじゃないでしょうか?


RIMG0407_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
手・指の可動。
さすがにPGです。指の各関節が曲がります。

RIMG0408_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
グーを作ってみました。
指の付け根の上にさらに可動があり、きれいにグーをつくることができます。



さて、いろいろと可動有りギミック有りの腕部ですが不具合が数ヶ所あります。
絶対にダメというレベルではありませんが、修正した方が良いレベルのモノもあります。


まず、腕のケーブル。(矢印のある箇所)
RIMG0409_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
同じようなケーブルを付けるところが左右の腕あわせて4ヶ所あります。
簡単に言うとケーブルの長さがほんの少し長くて、うまくはめ込めないのです。
むりやりにやるとごらんのようにケーブルを傷めます。
ケーブルの端をほんの少し切り取るとうまくはめ込めます。だいたい0.3mmくらい?
ニッパーで切り取れそうなギリギリの量でいけると思います。
ほんの少し切り取ることでキレイにケーブルがはめ込むことができます。


次に手首ケーブルの引き出し口。(矢印の箇所です。)
RIMG0410_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
この部分が非常にタイト(狭い)ので
手首を曲げるとケーブルが出し入れするギミックがあるのですが
ケーブルの出し入れが非常固く、ケーブルの接続部が切れそうなくらい伸びます。
そこでケーブルの出し入れ口をデザインナイフ等ですこし切り込んで広げてあげれば
出し入れがスムーズになります。
あまり曲がらない手首なので気にしすぎることはないかもしれませんが
カバーパーツを取り付けるので
削っても全く見えないので加工した方が良いように思います。


最後に、肩のGNコンデンサーのはめ込み部分。
RIMG0411_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
コンデンサーをはめ込むための逆溝(出っ張り)があるんですが
(写真の矢印のようなところ)これが若干ずれています。
コンデンサーをはめ込む際、少々固いのではありますが
むりやり押し込んだら入るので、ボクは無視しました。加工はしませんでした。
他のコンデンサー部分は、このような問題がほとんど無いのですが
肩のこの部分はありました。
もう少し大きくずれていれば大改修が必要な大きな問題ですが
むりやり押し込めばなんとかなるレベルなので・・・。


以上、腕部にある不具合箇所でした。
加工は、もちろん自己責任でお願いします。



肩アーマー
RIMG0412_PG_00RAISER_SAKUSEI_7.jpg
肩アーマーもフレームがありました。w
肩アーマーの可動箇所はいつもどおりのところ。




以上、作成記7回目でした。
最近ちょっと更新ペースが遅いので申し訳ないなあと思ってます。
次は頭部に行きたいのですが、まだクリアーを塗っただけで
この後、エナメルの黒を塗って、目の部分を溶剤で剥がして・・・。
少々時間がかかりそうです。先にバックパックをしようか?と考えています。


■コメント & more

■参加ランキング
FC2ランキング 人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
各バナーをクリックで応援していただけると非常にうれしいです。




■ [通りすがり]

ヒジ関節は引き出し式になっているので、
90度以上曲がりますよ。(^^)

■Re: [ka2-yuki]

>通りすがりさん
あれ、そうなんですか。ありがとうございます!
コンデンサーをはめ込んでいないので
あまり力を入れたくない&構造をきっちり理解してませんでした。(^^;
また、ある程度出来たら曲げて確認してみたいと思います。
ありがとうございます。m(_ _)m ペコリ

■ [たじまーる]

たしか肘コンデンサーの先のほう(手側)に
クリック機構があったかな~。って感じ。
ひざだったか肘だったか。
軸のようなパーツを差し込む部分があったと思います。
たしかひざ。
んで、クリック機構があの・・・ハイコンプロのデストロイの関節部分みたいなやつです

■Re: [ka2-yuki]

>たじまーるさん
肘にクリック機構があります。
そのクリック機構、ハイコンプロのデストロイのものよりは良い感じです。
■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

※ URLを記載すると、名前にそのURLのリンクが付きます。
※ 名前を無記入にすると、名前が「トクメイキボウ」となります。
※ コメントのレスは遅くなることが多いと思います。


プレミアムバンダイ  プレミアム バンダイ(魂WEB)  プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)



ハピネット・オンライン



アニメイトオンラインショップ

バンダイチャンネル

クリックで救える命がある。

WELCOME!


POWER-GAIN

フォントサイズの変更

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ブログ内検索

最近のレビュー&ギャラリー


side_i_000_GC_SP04.jpg

side-i_000_GC_GundamACE_2013-08.jpg

side-i_000_GC_11.jpg

side-i_000_GC_10.jpg

side-i_000_GC_sp003.jpg

side-i_000_GC_9.jpg

side-i_000_fa_baselard.jpg







side-i_001_MG_DUEL.jpg

side-i_000_MSG_D-chain_saw.jpg

side-i_000_HAC_t_and_b_1.jpg

side-i_000_MSG_Inpact-Nuckle.jpg

side-i_000_hac_madomagi.jpg









side-i_001_f2-m2.jpg

side-i_000_HG_SEED_custom-kit.jpg

































side-i_000_dataweapon-set.jpg

side-i_000_gc_03.jpg

side-i_000_gc_02.jpg

side-i_00_gc_01.jpg

side-i_00_suenaga_mirai_figma088.jpg

side-i_00_rg_aile-strike.jpg

side-i_00s_rg_aile-strike.jpg

side-i_00_gc-d1_char-zaku.jpg


アクセスランキング

リンク [03]

24時間以内の更新には
[NEW] マークが表示されます。
(更新チェック対応サイトのみ) 

リンク [01]

まだだ! まだ終わらんよ!!

HCM-Pro Book (AA)


機動戦士ガンダム HCM Proクロニクル
2004.4-2008.9
HCM Proガンダムシリーズカタログ


ハイコンプロのカタログ本です。最初期のガンダムからこの本が発売されたときはまだ発売されていないセラヴィーガンダムまで掲載されています。パッケージアートや改造例なども掲載されておりHCM-Pro好きならかなりオススメの1冊。ボクも持っています。それから、巻末には特性デカールも付属します。

ガンプラ入門 Book (AA)

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書
オオゴシトモエ/大泉書店
2010年12月発売

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門
野本憲一/ホビージャパン
2009年10月発売

ガンプラはじめの一歩
川口名人/Side-B・N
2006年10月発売

ゼロから始めるガンプラ
電撃ホビーマガジン
2006年6月発売

Ranking & more


FC2ブログランキング
FC2ランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキング

BlogPeople

「 List Me! 」 by BlogPeople

Trackback People



日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログコミュニティ
「HCM-Pro FAN CLUB」
HCM-Pro FAN CLUB

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ情報

ブログ名:GUN P
管理者:ka2-yuki(Twitter

since 2007 03 20


総記事数:


最新記事のRSS



busy_banner.jpg
時間がねぇ、金もねぇ、誰か助へて。



>>> Blog TOP <<<