HCM-Pro(ハイコンプロ)とガンプラのレビューやギャラリーなど。ガンダムコンバージやロボット魂、スーパーロボット超合金、リボルテック、その他ホビーも。

SUPER HCM-Pro RX78-2 GUNDAM レビュー VOL.01

【連邦のMSは化物かっ!】
スーパーハイコンプロ RX78-2 ガンダム のレビューです。

今回、量が多いのでレビューを分けて行います。これは第1弾。



SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM トップ

RX-78-2 GUNDAM
E.F.S.F. PROTOTYPE CLOSE COMBAT MOBILE SUIT

MODEL NUMBER/RX78-2
TOTAL HEIGHT/18.0m
WEIGHT/43.4t
GENERATOR OUT PUT/1380Kw
THRUSTER GENERAL OUT PUT/55500kg
MATERIAL/LUNA-TITANIUM ALLOY
ARMAMENT/
BEAM RIFLE BEAM SABER
BEAM JAVELIN HYPER BAZOOKA
60mmVULCAN SUPER NAPALM


■ITEM SPEC
●本体全高:125mm
●フルハッチオープン可能 ●マットパール塗装
●金属パーツ採用(背部バーニア、足底、ハンマーチェーン)
●脚部外装との連動可動再現
●コア・ブロック・システム完全再現(コア・ファイター変形ギミック)
●付属武器:
ビーム・ライフルx1 ビーム・サーベルx2 ビーム・ジャベリンx1
ガンダム・ハンマーx1 ハイパー・ハンマーx1
ハイパー・バズーカx2 スーパー・ナパームx1 シールドx1
専用ディスプレイ・ベース






SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 箱1SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 箱3
▲箱表・横

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 箱4SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 箱2
▲箱横・裏


ハイコンプロで、ついに新規格が登場!!
今までは1/200というスケールで展開されてきたハイコンプロのシリーズですが
新しく、1/144スケールでも展開されます!
その新規格の名前も「SUPER HIGHT COMPLETE MODEL PROGRESSIVE」!!
略して、「SUPER HCM-Pro」 または、「SHCM-Pro」です。
名前も、元々長いのがスーパーに長くなりました・・・。
スーパーハイコンプロって略して読むのが一般的なのかな?
個人的には、スパコンまたは、スパコンプロかな。

ま、とにかくその新規格で記念すべきはじめのMSが「RX78-2 ガンダム」です!
まぁ、当たり前と言えば、当たり前。やっぱり当然初っ端はガンダム。
ザクが来ても面白かったけどね。
連続してアイテムが発売されるのだったらザク、ガンダムの順でも
良かったんだろうけど、このスパコン、
企画生産にとにもかくにも時間がめっちゃかかるようで
連続しての発売は無理だから、まずはやはりガンダムで発売ってことですよね。

それで、今回発売になったガンダムだけど
もうとにかく、なにからなにまで、ほんとすごいっ!

スタイルは、最近では細身のモノが多いけど
このスパコンガンダムはかなりマッシブな感じです。
しかもそれがカッコイイ!

各部可動、ギミックは、バンダイ脅威のメカニックです!
1/144サイズでありながら、フルハッチオープン!
可動も最新のMGに引けをとりません!
コアファイターもすっごく小さいの完全変形です!
内部メカのディテール、各部の可動など
最近のMGとほぼ同レベルと言っていいと思いますが
いろいろあそんでると、いたるところで今まで発売されてきた
ハイコンプロのデータのフィードバックがあるように思いました。
肩の跳ね上げ、フトモモのスライド機構、爪先の可動などなど。
とにかく、言える事は、本当にスーパーなハイコンプロだ!と。

可動、ギミック、付属品など、その辺はとにかくほんとうに
申し分ないくらい非常にすごいアイテムなのですが
やはりというか、不満に思う点も結構あります。

それは、主に、塗装などの精度。
やっぱりというか結構ハズレ品が多いようです。
ボクが買ったものもハズレでした。
ボクのモノでいうと、
ブレードアンテナ中央のマーキングズレている。
可動式コアブロックのコックピット部分の塗装がはじめから剥がれている。
左足フクラハギ部分に塗装汚れがべっとり。(写真ではわかりづらいと思います。)
あと細かな塗装汚れ。

その他、各パーツにも不具合が。
胸部の前後パーツが接続がきちんと出来ていない。
(肩上からアングルでの写真を見るとわかると思います。)
胸部ハッチのオープンが結構ゆるい。あそんでると割とパカパカ開く。
(他のサイトでのレビューを見るとこの部分がゆるいってことはなさそう。)
などです。


本体の塗装が全体にマットパール塗装がされているんですが
これは非常にキレイな反面、塗装汚れがあっても処理ができないということがあります。
スペシャルペインテッドの様に全体が塗装されているので
汚れがある部分をデザインナイフで削って落とすという処理をすると
上面に塗られているマットパール塗装が剥げてしまうんですね・・・。
だから処理ができない・・・。
塗装汚れがなければ問題ないのですが、結構ありそうな感じです。
ボクのもありましたし。

マーキングに関しても、ズレて印刷されているものも結構あるそうです。
スーパーハイコンプロには、これでもかってくらいかなり数のマーキングがあります。
そんなかの1つでもズレてるのあれば結構目だって気になりますよね。
ボクのは、ブレードアンテナの中央の赤い部分にあるマーキングが
おもいっきりズレてました・・・。最悪。
しかも、ついでに言うとブレードアンテナの先っぽの方が
ちょっとぐにゃぐにゃと曲がっていました・・・。


マーキングといえば、印刷ミスではないのだけれど気になる点がひとつ。
赤いラインです。
左手上腕部、右足大腿部に赤いライン、
サーベルの部分、腰フロントアーマーの黄色部分などにあるやつです。
MSVとかでこーゆーのがありましたが
個人的には、今回のスパコンには入れて欲しくなかった。
グレーのラインは、結構いい感じだけど、この赤は反対ですね。


とまぁ、不満点もあるんですが
スタイル、全体的な雰囲気、可動、ギミック
これまで出てきたガンダムの総決算品!
しかも1/144サイズで再現されてるので感動がスゴイ!
このサイズでほんとにこんなことまで可能なのか?!と驚かされます。
その辺に興味アル人は購入して損は無いと思います。
ただ、値段も半端じゃないんですけど。定価で7,140円。
めちゃ高いです。でも、それなりの価値はありです!




SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 1
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 2
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 3
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 4
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 5
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 6
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 7
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 8




SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 付属品
▲付属品一覧

ディスプレイベースは組立て式です。
それと、スーパーナパームも組立て式。
ディスプレイベースの組立ては大きさの関係でわかるとして
なぜスーパーナパームが組立て式ですか?
これも組立て済みだったら、ほぼ完璧な完成品だったのに…。
取り扱い説明書の部品注文は、このスーパーナパームと
ディスプレイスタンドの各部品(2つの大きな板状の台を含む)です。
・・・いや、それってどうよ?と思います。
武器類で壊れそうな部分とかも結構あるし、
ガンダム本体のブレードアンテナもめっちゃ壊れやすそう。
ブレードアンテナは、かなり薄くとがってます!
基部は接着剤で固定されているので壊れやすさはさらに倍増・・・。
しかも予備の付属は無しときたもんだ。
せめてこれだけでも組立てパーツで付属しても良かったでは?

ま、問題点はこの辺だけで
付属武器類の内容に関しては、もうほんとパーフェクト!と言いたい。

ちょっと贅沢をいえば、ハンドパーツの表情付いたものも付属してるとうれしかった。
ハイコンプロのように、握り手、平手などが付属せずに
MG同様の可動するハンドパーツがあるだけ。
確かに、このサイズでそれが付くのはすごいのだけど
この手って、表情が乏しいんだよなぁ・・・。
特に、手を平げると・・・。
まぁそんなわけで平手が別に付属してたらすごくうれしかった。



ディスプレイベースには、付属する武器を全てディスプレイすることができます。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ベース1
表側には、シールド、スーパーナパーム、
ハイパーバズーカ、ビームライフル、ガンダムハンマー、ハイパーハンマー、
ビームジャベリン(柄のみ)が。
シールドは、厳密に言うとディスプレイスタンドの支柱の横部分に。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ベース2
後ろ側には、ハイパーバズーカ、ビームジャベリン(ビーム部分)、
ハイパーバズーカなどを腰にマウントするためのアタッチメントパーツが。
このアタッチメントパーツは、写真では下に置いてますが
実は、壁側に接続するところがあります。
気が付かずに下に置いてしまった・・・。

台座裏面にはビームサーベルのビーム部分2本を収納できるようになっています。

ディスプレイベースは、MSハンガー(ベッド)をモデルにした仕様ですが
背もたれの部分は可動しません。直立のまま。
これが、斜めに倒れてMSを寝させることができたらほんとにパーフェクトだったんですけどね。
まぁそれは贅沢な注文でしょうね・・・。
でも、改造できる力を持ってる人は、やるでしょうね・・・。
可動するやつを見てみたいなぁ。



▼バストアップ
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM バストアップ
カメラアイは、目のツインアイ、頭頂部のメインカメラ共にクリアパーツを使用。
ツインアイの部分はクリアパーツの奥にシルバー塗装されたディテールがあり
非常にリアルな目になっています。
頭頂部のメインカメラもクリアパーツなんですが
ここは光があまり入らず、黒いです・・・。
ハッチをオープンにするとクリアレッドのキレイなのがよくわかるんですが…。


▼背部上面アップ
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 背部アップ
後頭部のメインカメラは、塗装で再現。
表のメインカメラもこれ同様の塗装で良かったのですが・・・。


▼足裏からのアップ
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 足裏アップ



フルハッチオープン!

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM フルハッチオープンF
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM フルハッチオープンB

背面の腰、バズーカ等のマウント部分のカバーをオープンするの忘れてますね…。

頭部側面のハッチは、スライドによる開閉。
腕部のハッチは・・・かなり開けづらいです!
腕部のハッチを開けるときは、
開閉パーツをそのまま上方向に垂直にいったん持ち上げてから開くことになるんですが
なんせパーツがしまり具合が非常にタイトできっついです。


▼上半身ハッチオープンのアップ
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ハッチオープン1
肩アーマーのハッチを開けると、腕部接続部が見えるのですが、
ここのディテールはシールで再現されています・・・なぜ?
きちんと塗装による処理をして欲しかった。ここだけ違和感ありすぎ。


▼ハッチオープン、背面上部からのアップ
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ハッチオープン2
ビームサーベルは1本はずしてみました。


▼フクラハギ部分のハッチオープン
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ハッチオープン3
ここも細かく処理されています。


コアファイター

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM コアファイター1
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM コアファイター2

コアファイターは、1/144サイズという
かなり小さなサイズであるに関わらず完全変形!!

しかも、コアファイターからコアブロックに完全変形だけでなく
キャノピーの開閉、ランディングギアの展開までも差し替えが一切ありません!
すごい技術です!ほんまに感動もんですね!

少し気になったのは、コアファイターの主翼部分。
説明書をじっくり見ると、左右に「EFFS」や「V」のマーキングが見えるのですが
実物には、そんなマーキングがありません。
ボクのだけ忘れられてるのか?と思ったのですが、他のサイトのレビューを見ても同様でした。
省略されたのかな? ちょっと残念。



コアブロック

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM コアブロック1
左が完全変形したコアブロックで、
右が腰の可動をさらに大きくすることができる可動式のコアブロック。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM コアブロック2
可動式のコアブロック、意外と良く動くのでどんな構造か気になったので
ちょっと分解?外してみました。
なるほど、ボールジョイントがここにあるんですね。


そうそう、ボクが買ったものは、
可動式コアブロックのキャノピーの部分の塗装がすこし剥げてました…
ショックです。



Aパーツ&Bパーツ

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM Bパーツ接続部分
ガンダムBパーツのコアブロック接続部分です。
ここもしっかりディテールが施されています。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM Aパーツ+コアブロック
ガンダムAパーツに、完全変形したコアブロックを装着した状態です。

コアファイターは、機首部分を前に展開している状態です。
この状態ならキャノピーも開閉可能。

可動式、完全変形、どちらでも選んで内臓することができます。
ただし、完全変形の方は、Aパーツとの接続が結構タイトなので
取り外すときは結構大変です。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM Aパーツ
ガンダムAパーツです。
こちらの内部は・・・まぁ、仕方が無いでしょうね。


SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ドッキング
完全変形コアファイターでドッキング。
この状態では、もちろんコアファイターのキャノピーは開くことができません。
モビルスーツの状態からコックピットの乗り込む時の状態がよくわからん。
模型ではこの辺が全然再現できませんからね。
一度この辺の設定がどうなってるか見てみたいです。



各部可動

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 肘膝可動
肘も2重関節になっていて、150℃くらいまで曲がります。
膝も2重関節でこちらも良く曲がります。
太もも部分の外装は、可動に合わせて装甲がずれます。
ハイコンプロのニューガンダムでもこの機構が採用されていましたが
あちらは、戻すときは手動で戻すのですが
このスーパーハイコンプロは戻すときも連動して装甲が戻ります。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 肩可動
肩の可動は、メインは跳ね上げ式。
これのおかげで、ラストシューティングのポーズとかが可能に。
ちなみに、このポーズは、、、オープニングの、、、
♪君よ~、つかめ~♪
の部分をイメージして・・・。え、あの場面はMSでなくて人間だって?

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 肩可動(前後)
そして、肩の部分の可動はメインは跳ね上げ式ですが
一応、前後にもほんの少しだけ可動します。無いよりマシ。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 首可動
首も引き上げ機構があり、飛行シーンもバッチリ。
ボクの購入したやつは、なぜかこの部分に接着剤のはみ出しのせい?で
固定されてて、なかなか首を引き上げることができなかった・・・。
まぁ力ずくでなんとか出来たけど・・・。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 腰左右回転
腰も左右に可動が可能。
ただし、この部分、腰後ろのバズーカ等のラックハッチを跳ね上げると
腰の左右回転がほとんどできなくなるので注意。
つまり、腰後ろにバズーカやビームライフルを装備してたら
腰の左右回転はあきらめろってこと。ま、仕方ないよね。

ハンドパーツは、MGなみの可動指。
親指のパーツが外れやすいという情報が結構ありますが
ボクのは、無理な力をかけなかったらそんなことはありません。
ビームライフルとか武器を持つときに力が入って親指が外れるってことはありましたが。
まぁ無理をかけなかったら特に問題はありませんでした。


SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM ブーツ(足)
足の部分も前後に分割があって、爪先立ちが可能。
しかも、爪先部分は、ハイコンプロのギラドーガと同様で
左右にも可動があります!おかげで接地性が非常にすぐれてますね。


▼腰部分の前後可動
SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 腰前後運動1 SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 腰前後運動2
ごらんのように結構動きます。
実は、股関節の部分にスライド機構がありまして
それでこんな様に前にかがんだポーズが取れます。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 股間部分
これが、その股関節のスライド機構でズレた部分。
もうほんと予想外の動きします!

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM 可動式コアブロックの可動
それと、可動式コアブロックで赤腹の部分が前後に若干可動可能。

もうほんと、1/144サイズでこれでもかってくらい腰周りの可動があります。
しかも、これコアブロックが入ってるのにですからね。
コアブロック無しで可動重視した物ではないんですから。ほんとにすごい。




以上、スーパーハイコンプロ RX78-2 ガンダム レビュー VOL.01 でした。

SUPER HCM-Pro RX-78-2 GUNDAM フル装備発信!


>>> スーパーハイコンプロ RX78-2 ガンダム レビュー VOL.02 に続く・・・。


■コメント & more

■参加ランキング
FC2ランキング 人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
各バナーをクリックで応援していただけると非常にうれしいです。




■ [hiro]

こんにちわ^^

レビュー楽しみにしていました^^
それにしてもスーパーの名に恥じない内容の様で凄いですね♪
一応1/144という事なので今回は購入を控えているんですが、これを見ちゃうと・・・困ったもんですw
昔のハイコンとならサイズ的には丁度並ぶと思うんですが、作りこみ度が全く違いますね^^;
付属品の多さも魅力的で、もし現物みたら購入する気になるかもしれませんw

■ [ka2-yuki]

>hiroさん
こんばんわ。ありがとうございます。
レビューお待たせ様です。(^^;
スパコンガンダム、ほんとに名前に恥じない内容ですので
迷ってるならぜひぜひオススメです。(^ー^)
ただ、塗装などの精度があんまし良くないので
ここが気になるのなら控えた方が良いかと・・・。
もし購入するなら、お店でじっくり吟味して買うのがいいでしょうね。
じっくり吟味してもハズレ引くこともあるんですがね。(^^;

レビューは、まだ続くんですが、、、これから記事書きます~。
■コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

※ URLを記載すると、名前にそのURLのリンクが付きます。
※ 名前を無記入にすると、名前が「トクメイキボウ」となります。
※ コメントのレスは遅くなることが多いと思います。


プレミアムバンダイ  プレミアム バンダイ(魂WEB)  プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)



ハピネット・オンライン



アニメイトオンラインショップ

バンダイチャンネル

クリックで救える命がある。

WELCOME!


POWER-GAIN

フォントサイズの変更

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ブログ内検索

最近のレビュー&ギャラリー


side_i_000_GC_SP04.jpg

side-i_000_GC_GundamACE_2013-08.jpg

side-i_000_GC_11.jpg

side-i_000_GC_10.jpg

side-i_000_GC_sp003.jpg

side-i_000_GC_9.jpg

side-i_000_fa_baselard.jpg







side-i_001_MG_DUEL.jpg

side-i_000_MSG_D-chain_saw.jpg

side-i_000_HAC_t_and_b_1.jpg

side-i_000_MSG_Inpact-Nuckle.jpg

side-i_000_hac_madomagi.jpg









side-i_001_f2-m2.jpg

side-i_000_HG_SEED_custom-kit.jpg

































side-i_000_dataweapon-set.jpg

side-i_000_gc_03.jpg

side-i_000_gc_02.jpg

side-i_00_gc_01.jpg

side-i_00_suenaga_mirai_figma088.jpg

side-i_00_rg_aile-strike.jpg

side-i_00s_rg_aile-strike.jpg

side-i_00_gc-d1_char-zaku.jpg


アクセスランキング

リンク [03]

24時間以内の更新には
[NEW] マークが表示されます。
(更新チェック対応サイトのみ) 

リンク [01]

まだだ! まだ終わらんよ!!

HCM-Pro Book (AA)


機動戦士ガンダム HCM Proクロニクル
2004.4-2008.9
HCM Proガンダムシリーズカタログ


ハイコンプロのカタログ本です。最初期のガンダムからこの本が発売されたときはまだ発売されていないセラヴィーガンダムまで掲載されています。パッケージアートや改造例なども掲載されておりHCM-Pro好きならかなりオススメの1冊。ボクも持っています。それから、巻末には特性デカールも付属します。

ガンプラ入門 Book (AA)

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書
オオゴシトモエ/大泉書店
2010年12月発売

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門
野本憲一/ホビージャパン
2009年10月発売

ガンプラはじめの一歩
川口名人/Side-B・N
2006年10月発売

ゼロから始めるガンプラ
電撃ホビーマガジン
2006年6月発売

Ranking & more


FC2ブログランキング
FC2ランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキング

BlogPeople

「 List Me! 」 by BlogPeople

Trackback People



日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログコミュニティ
「HCM-Pro FAN CLUB」
HCM-Pro FAN CLUB

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ情報

ブログ名:GUN P
管理者:ka2-yuki(Twitter

since 2007 03 20


総記事数:


最新記事のRSS



busy_banner.jpg
時間がねぇ、金もねぇ、誰か助へて。



>>> Blog TOP <<<