HCM-Pro(ハイコンプロ)とガンプラのレビューやギャラリーなど。ガンダムコンバージやロボット魂、スーパーロボット超合金、リボルテック、その他ホビーも。
■ガンプラ [HG]

HG GUNDAM 00 ガンダムヴァーチェ(トランザムモード) レビュー

【ヴァーチェ、ティエリア・アーデ、行きます!】

HG GUNDAM 00 ガンダムヴァーチェ(トランザムモード)
グロスインジェクションバージョン のレビューです。

hg_virtue_tansam_10.jpg

■ 続き ■

HG GUNDAM 00 ガンダムエクシア(トランザムモード) レビュー

【トランザム…トランザムシステム…俺は、託された…】

HG GUNDAM 00 ガンダムエクシア(トランザムモード)
グロスインジェクションバージョン のレビューです。

hg_exia_tansam_10.jpg
■ 続き ■

HGガンダム00 ユニオンフラッグ量産型 レビュー

【はじめましてだな、ガンダム!】

HGガンダム00 No.02 ユニオンフラッグ量産型のレビューです。

HG フラッグ トップ
■ 続き ■

HGUC 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン レビュー

HGUC MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン のレビューです。

HGUC ゲルググ A/C トップ

■ 続き ■

HGUC ジム スレッガー中尉機 作成

【 青いジム 】

HGUC ジムを一部色を塗り変えてのレビュー?です。
(移転記事のため、記事内容はほぼ同じです。
 画像はリサイズしています。拡大表示はありません。)



ガンプラDVDカタログの付録が付いてるジムを組みました。

このガンプラDVDカタログ付のプラモはプラモ自体は以前から
発売されているものと全く同じものです。

そんなわけで、ジムはかなり初期のHGUCなんで
可動とか、パーツ分割とか、細部のディテールとかが
やっぱり全然ダメです。最近のHGUCと比べると雲泥の差。

でも、パーツ数とかはかなり少なくすいすいとらくらくキットを
組み立てることができるのでその辺は楽しいかな。


普通に作っても面白くないので
赤いパーツ部分を全て青色(ガンダムマーカーの青)で筆塗りしました。

連邦軍で青のパーソナルカラーが似合うのは・・・

スレッガー中尉です!(ノーマルスーツは公式設定で青)

そう、このGMはスレッガー専用機をイメージして作りました!

以前に、makさんのHPでガンキャノン(スレッガー中尉機)を
見て、すっごいカッコいい!ボクも欲しい!と思ってたんです。

MGは無理なんでHGUCで色替えぐらいならできるかもと思ってたんです。

そんなところに、このDVD付ガンプラのラインナップに
ガンキャノンやジムが!これは、さっそくチャレンジでしょう~。
ということでチャレンジしてみました。

はじめは、同じようにガンキャノンでいこうかなと思っていたのですが
HGUCのガンキャノンではシールドを持つことがきびしいし、
同じMSではすこし面白みにかけると言うか出来の差がひどいと思い
違うものということでジムに。
それに、「ガンダム ジ・オリジン」のコミックスでは
スレッガー中尉がジムに搭乗して登場してるのでジムで決まりや!
ということでジムになりました。


青のジム、カッコいいです!
ただ色を塗り替えただけなんですが印象がガラッと変わったのと
脳内イメージのプラスでwカッコいいです♪

塗装は、青色の部分以外に
部分塗装が必要な部分はしています。それと墨入れを少々。

青色の部分に関して、これだけの面積を塗るのは初めてだったので
筆塗りのムラが酷いのは目をつぶろう・・・。
特にシールドが酷い・・・。(^^;
まぁ、いいさ。スレッガー専用ジムが出来たということで満足や。


以下、続く。

■ 続き ■

HGUC ヘイズル2号機 レビュー

【 OMecha = トライ・ブースター 】

HGUC ヘイズル2号機のレビューです。
(移転記事のため、記事内容はほぼ同じです。
 画像はリサイズしています。拡大表示はありません。)



HGUCでヘイズルのキットはこれで3個目になります。
1、「ヘイズル改」
2、「アドバンス・ドヘイズル」
そして、3が今回の「ヘイズル2号機」

いずれも共通パーツが多いですが新規パーツも結構あります。
今回のヘイズル2号機でも結構あります。

まず、特徴的な「トライ・ブースター」、
そして頭部・胴体・腰・足のフクラハギの部分と
MS本体も意外に新規パーツが結構あります。
武装でも、ジムライフルが新規に付属。

MS本体部分が、ジムクゥエルボディであるということが原因です。
まぁそんなわけで改造できる人は、このヘイズル2号機をつかって
ジムクゥエルを作れるかもしれませんね。
顔部分はほぼ完全にスクラッチになるでしょうけど。
それとバックパックもですね。


今回、ボクの作成は、いつもの素組みより少しグレードアップして
部分塗装+墨入れもしました。
作成中の記事と見比べてもらえば墨入れしている状態と
していない状態の比較ができると思います。

以下、続く。

■ 続き ■

HGUC アドバンスドヘイズル レビュー

【 ティターンズの旗のもとに 】

HGUCアドバンスドヘイズルのレビューです。
(移転記事のため、記事内容はほぼ同じです。
 画像はリサイズしています。拡大表示はありません。)



HGUCで、1週間くらい時間をかけて作るのははじめてです。
というか、ガンプラはいつも素組み&部分塗装もしない派だったので
MGでさえ、こんなに時間をかけてつくるってことはありませんでした。
(最近ほんの少しは部分塗装するようになりましたが)

でも、部分塗装も全部やったのではありませんんからね。
一部していないところもあります。そして、墨入れもしてません。
まぁそんな感じですがよろしく。

このアドバンスドヘイズル、もうすでに作成中のレビューでも
書いていますが、ヘイズル改の部品を流用していますが
実際には、ヘイズル改の全てのパーツが含まれていて
組み換えでティターンズカラーのヘイズル改が作れちゃいます。
そういう意味で1つで2倍おいしいアイテムでもあります。

プラモの色分けですが、かなり細かく色分けされていますが
元の設定がかなり複雑にパーツごとに細かく色指定があって
HGUCの規格ではその辺を成型色でカバーするのはかなり無理があり
部分塗装をする必要の箇所がかなりの数があります。

でも、部分塗装をしなくても、付属のホイールシールや
マーキングシールなどで無塗装でもかなりいい感じにしあがります。

頭部、高性能光学センサー・ユニットの緑色の部分、
胸部、センサーの緑色の部分、
ビームライフルのセンサーの緑色の部分は、
それぞれホイールシールの余りの部分を
デザインナイフで大きさに合わせて切って貼り付けています。

可動や細部のモードルも、HGUCの中ではトップクラスのデキではないでしょうか。


ひとつ、不満点を。
ハンドパーツなんですが、種類も表情も結構満足なデキではありますが
手のひらと指の分割部が、はじめはしっくりしているのですが
何回か武器を持たせなおすのにはずしたり付けたりしていると
接続部がゆるくなり、指がポロポロ落ちるようになってきます。
写真を撮っているときもこの辺が結構ストレスだったりしました。
いっそのこと接着してしまおうかと思うくらいです。

以下、続く。

■ 続き ■

HGUC 064 ザク I (旧ザク) レビュー

【 MSは火力じゃない!格闘能力だ!! 】

HGUC 064 ザクI (旧ザク) レビューです。
(移転記事のため、記事内容はほぼ同じです。
 画像はリサイズしています。拡大表示はありません。)



作ってて思ったんですが・・・

旧ザクとは名ばかりでとってもハイスペックなプラモでした!!
どうりで、商品名を「旧ザク」としないで 「ZAKU I」とするはずだ!(笑)

組み立てているはじめは青色がめちぇくちゃ濃い!と思ってたけど
組み上げると、そんなには濃くないかも。
結構絶妙なバランスでいい感じになってます!

今回は、まったく部分塗装していません。
ヒートホークが単色でちょっと残念だけど気になるのはそれくらい。
足裏のバーニアは見えないので、まぁいいかという感じ。
足裏のディテールがすごいから塗るとめちゃいい感じだろうけどね。

旧ザクは、色数も少なくて素組み派にはうれしいですね!


スタンドは、ガザCとかに付属のモノが対応しているようですが
持ってないということもあって市販のものを使用しています。

以下、続く。

■ 続き ■

HGUC ガンダム試作2号機 GP02A サイサリス レビュー

【 ソロモンの悪夢再び! 】

HGUC ガンダム試作2号機 GP02A サイサリス のレビューです。
(移転記事のため、記事内容はほぼ同じです。
 画像はリサイズしています。拡大表示はありません。)



めちゃくちゃかっこいいです!サイサリス。
大きさというかボリュームもほんとすっごい。
それに、最新のガンプラということで、作りがめちゃくちゃ細かい。
色分けから各関節などの動きや、各部のディテールもほんとすごい細かい。
ガンプラの技術革新にはほんと驚かされます。

今回、すこーしだけ色を塗りました。いわゆる部分塗装をしました。
初です。やっぱりすごーくへたくそだけど、自分では一応満足してます。
でも、なんか黄色がすごく塗りぬくかった…。
色のノリが悪いというか、まぁすごく苦労したしうまく塗れてません。(^^;

まぁそんな感じになりますが見てやってください。

以下、続く。

■ 続き ■

プレミアムバンダイ  プレミアム バンダイ(魂WEB)  プレミアムバンダイ(ホビーオンラインショップ)





アニメイトオンラインショップ

バンダイチャンネル

クリックで救える命がある。

WELCOME!


POWER-GAIN

フォントサイズの変更

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ブログ内検索

最近のレビュー&ギャラリー


side_i_000_GC_SP04.jpg

side-i_000_GC_GundamACE_2013-08.jpg

side-i_000_GC_11.jpg

side-i_000_GC_10.jpg

side-i_000_GC_sp003.jpg

side-i_000_GC_9.jpg

side-i_000_fa_baselard.jpg







side-i_001_MG_DUEL.jpg

side-i_000_MSG_D-chain_saw.jpg

side-i_000_HAC_t_and_b_1.jpg

side-i_000_MSG_Inpact-Nuckle.jpg

side-i_000_hac_madomagi.jpg









side-i_001_f2-m2.jpg

side-i_000_HG_SEED_custom-kit.jpg

































side-i_000_dataweapon-set.jpg

side-i_000_gc_03.jpg

side-i_000_gc_02.jpg

side-i_00_gc_01.jpg

side-i_00_suenaga_mirai_figma088.jpg

side-i_00_rg_aile-strike.jpg

side-i_00s_rg_aile-strike.jpg

side-i_00_gc-d1_char-zaku.jpg


アクセスランキング

リンク [03]

24時間以内の更新には
[NEW] マークが表示されます。
(更新チェック対応サイトのみ) 

リンク [01]

まだだ! まだ終わらんよ!!

HCM-Pro Book (AA)


機動戦士ガンダム HCM Proクロニクル
2004.4-2008.9
HCM Proガンダムシリーズカタログ


ハイコンプロのカタログ本です。最初期のガンダムからこの本が発売されたときはまだ発売されていないセラヴィーガンダムまで掲載されています。パッケージアートや改造例なども掲載されておりHCM-Pro好きならかなりオススメの1冊。ボクも持っています。それから、巻末には特性デカールも付属します。

ガンプラ入門 Book (AA)

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書
オオゴシトモエ/大泉書店
2010年12月発売

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門
野本憲一/ホビージャパン
2009年10月発売

ガンプラはじめの一歩
川口名人/Side-B・N
2006年10月発売

ゼロから始めるガンプラ
電撃ホビーマガジン
2006年6月発売

Ranking & more


FC2ブログランキング
FC2ランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキング

BlogPeople

「 List Me! 」 by BlogPeople

Trackback People



日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログコミュニティ
「HCM-Pro FAN CLUB」
HCM-Pro FAN CLUB

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ情報

ブログ名:GUN P
管理者:ka2-yuki(Twitter

since 2007 03 20


総記事数:


最新記事のRSS



busy_banner.jpg
時間がねぇ、金もねぇ、誰か助へて。



>>> Blog TOP <<<